九州のスーパーバイザーの元に、スタッフから泣きながら電話があった。売上がゼロなのはしょうがない、泣くことないのに、と日報を見ると、経営歴19年はじめてのショックを受けた。

 

「こんな時に有っても無くてもいいような物をよく売ろうとしたものね」と胸に突き刺さる発言をされながら、、、と。

 

売るものを決める最終責任者は俺だ。そのような思いをさせて大変申し訳無く思う。しかも、俺は今タイにいて、仲間は隣の部屋でそのかんざしを作ってる。大事な仲間が作った商品がそのように思われるのもとても悲しい。でも、お客さんのいうことは、解る。生活に必需ではないしね災害の最中では優先順位はかなり下のほうだから。

 

だけど、俺たちはかんざし屋だ。悪いがかんざしを売らせてもらう。そこには日本一のかんざし屋としての誇りもある。「日本のカルチャーを世界へ」発信するのが使命の俺たちだから、文化事業を行う。そして、文化とは無駄と隣合わせだ。しかし、文明社会において、また社会の成熟度が増した現代において「文化」とは必須なものではないのか??だから、希望を失いかけた人や、余震に怯える人たちにはライフラインよりも、むしろ俺たちのやってる文化事業が必要だと思うよ!!

 

お店に来たお客さんに、かんざしの付け方教えてあげて。
「かわいいでしょ」って。
「意外に便利でしょ」って。
「仲間が熊本の人が元気になるよう一生懸命作ってるんだよ」って。
教えてあげて。
いろんな事情があるから、買えない人がいたら、商品渡しちゃってくれる??

 

「お金はいつでもいいですよ」って。
「便利でお役に立つことあったら、お金払いに来てください」って。
「辛い時あったら、みんなが応援してるってことを、かんざし見て思い出して下さい」と。

 

熊本の皆様、無駄かもしれないですが僕たちバカみたいに一生懸命かんざし売ってます。熊本PARCO1Fかんざし 屋でです。スタッフの話聞いてください。もちろん、魅力伝わらないかもしれないので、その時は試しに持って帰って使ってみてください。何より僕たちは、本気で熊本の皆様にエールを送ります。

 

株式会社和心 代表取締役 森 智宏

この度の地震では、弊社も熊本店が被災し当然未だに営業が出来ず、大分の新店舗、福岡2店舗の売上減もあり大きな影響を受けました。そんな中、多くの友人から応援を頂き大変嬉しい気持ちになりました。しかし、我々の被害は、熊本の被災者に比べるとごくわずかです。頂いたものの数倍は熊本・大分に義援・寄付をして、落ち着いた暁には投資や消費でも復興支援をすることを約束します。みんなで考えてやれることをっていこうと思います。明日から早速、役員はじめ何度も熊本に飛びます!!和心グループ総勢330名は、熊本・大分を等身大ながらも、徹底的に応援します!!

 

開通したての北海道新幹線で弘前から函館に来ました!!それにしても最近は、地方に行くことがとても多い。眼前に広がる美しい田園風景は疲れた心を癒してくれ、舌鼓を打つ郷土料理や地酒は幸せの源泉といっても過言ではない。しかし、一方で地方ならではの悩みもある。それは、レッテル貼りだ。

 

内容を概すると、以下のようである。東京から来た、ITを活用し、デザイン入れて、海外に目を向けて、勢いだけの「ちょっと上手い事やってる若手のベンチャー企業」と。さらに、経営者の自分と会うとそのレッテルにはより一層の拍車がかかる。

「若くて、生意気で、チャラい。(チャラくないけどっ!!)」

総括すると、「今、時流に乗って、たまたま儲かってる薄っペラな会社」といったところだろう。

 

20代の頃は、むしろこの手のレッテル貼りも大歓迎で、敵意をむき出し「なんとか結果を出して見返してやるっ」と意気込んだものだ。しかし、やっかいなことに、この手のレッテルは売上や利益をたたいても、全然剥がれない。それどころか、ますます「今だけ感」や「金の亡者感」が増長され、レッテルは強化されるばかり。しかし、そんなレッテルをはがす方法が、最近分かってきた。

それは『商道を行く』ことだ。

地方の狭い商圏で長く商売する方々は、その辺をとてもきちっとやっている。既存顧客を大事にして、地元や仲間を愛して、のれんを代々守っていく。だから、新規客を取る必要はないし、デザインに力を入れる必要もないし、ましてや海外に目を向ける必要などもない。よって、我々は薄っぺらいと思われて当然なのだ。

これは、俺たちの商道をしっかり見てもらわなければならない。さすれば、きっと受け入れてくれるんじゃないか??「ITもデザインも海外も」力は入れるけど、一番の強みはそうじゃないはずだ。

 

周辺のお店の店頭をしっかりと掃除して、店内もピカピカにして、磨きあげたうちの看板を表に出す時は、皆様への感謝 をしっかりと胸に抱いてくれ。

人に会ったら、気勢を充実させて「おはようございます」

お客様がいらっしゃったら、満面の笑みで本気の「いらっしゃいませ」。

 

商売人としての使命と自覚があるのか??

和心の商道を全うしているか??

朝夕に、是非自問自答して欲しい。

 

今年の夏から販売する浴衣の仕込み50,000枚ほぼ終了しました。噂ではヤマトさんやユニクロさんと仕込み数は同数らしいので、初年度から業界販売数一位を狙います!!
浴衣はもちろん下駄や巾着までもオリジナルで制作しているのに、価格は産地の方やメーカーさんご協力のおかげで衝撃の安さです。皆様、今年の夏は和心の浴衣ブランドを是非お試しください!! 

正直いうと、ここ数年あんまり仕事が好きでは無い。

やらなきゃいけないこと満載なのに、昼まで携帯ゲームしながらベッドでダラダラして、、、。生産性の超絶低い日も少なく無い。そして、そんな日は、経営者仲間の頑張ってる姿をFacebookなんかで見ると、自己嫌悪に苛まれるから最悪だ。

 

こんなんじゃダメだ、と自らを鼓舞しても、全然やる気が出無い。それではと、最も好きな新規事業開発やクリエイティブ部門を自らの担当として、楽しい仕事をどんどん始めているのだが、好調な業績と裏腹にモチベーションは、なかなか上がってこない。どうしたらよいのだろうか??

 

だから、こう決めたんだ。
『仕事はしない、革命を起こす。』
みんなも仕事人間は流行らないし、革命家になろうっ!!
やる気が無い時の対処法も見つけた。

 

もしも、心が折れそうな時は「革命を起こすんだ」って心の中で叫ぶと、力がみなぎって来るからやってみてっ。

代官山のTSUTAYAさんから出展依頼が来た。日本で最も洒落てる本屋さんからの依頼は正直嬉しいが、何より驚き喜んだのは、そのご希望業態。なんと、『帯留め屋wargo』だ。『かんざし屋』でさえ、かなりマイナーなのにそれをはるかに凌ぐ!?『帯留め屋』。「頑張ってれば、いいことある」とは思わないけど、少なくとも「誰もやらないことをやれば、どこかで誰かには注目される。」のは間違いないと思った瞬間だ。

 

そもそも、他の誰かがやるなら、俺たちの存在意義なんて無いんじゃないか?だって、俺たちがいなくてもその人たちがやってくれるんでしょ?誰もやらないことをやるのは、怖い。時には、バカにもされる。俺も、今でさえビジネス交流会でいろんな人に嘲笑られる。

「かんざしなんて周りでしてる人がいないんだけど。」
「今から、着物のビジネスするの??着物なんて着る人いないでしょ??」

 

昔は、「テメー失礼だろ、このやろう!!」くらい思ったけど、まあ、余りに多くの人に言われ続けたから最近は特に頭にもこないけど、「センスねーな、こいつっ」とは思う。だって、経営資源を多く持た無い俺たちのような中小ベンチャー企業は、ニッチを攻めるのが定石だ。マーケットポジションでいうところのフォロワー(トップリーダーを追いかける)は、スタートアップ時には向かない。

 

その前に、本気で勝負してる奴は、同じく本気で勝負してる人を笑わない。そりゃー、そーでしょ。どうして笑うことができるの??そういう人はわかってるんだよね。『何人たりとも、他人の一生懸命を笑う権利はない。』ことを。だから、適当な奴に笑われても相手にする必要は無い。しかし、自分が一目置くような人、何かを成し遂げた尊敬できる人、何より一生懸命生きる人に嘲笑されたなら、それは一生懸命さが足りないのだろう。

 

『誰もやらないから、俺逹がやる。』

その前提条件は、『一生懸命』だ。
みんな、頼むね。辛くてしんどい時は言ってくれ。
俺は、世界中どこにいたって本気のエールを送るからっ♪

 

※写真は、昨晩訪れた長崎ランタン祭り。世界遺産にも指定された長崎は複合文化で非常に面白い。

中学生の修学旅行で行った京都の土産屋のババアの失礼な態度はいまでも覚えてる。確かに中学生の団体は鬱陶しいかもしれないけど、お客さんだろっ、て。本当に舐めた態度で、楽しみにしていた京都旅行が台無しになった。

 

さて、時は流れて彼の地に、我々は14店舗を有し商売をしている。インバウンド景気も手伝って、京都はいつだって観光客でいっぱい、毎日たくさんのお客さんがお店に足を運んでくれる。土日に流れてくる日報には、「休日は捌ききれないお客さんが〜」。

 

え、、、サバくって何??
先日、うちの着物レンタルの京都タワー店で足が不自由なお客さんがいたからたまたま対応させていただくと、その娘さんがこうおっしゃった。
「90歳のお母さんが死ぬまでに京都に行きたいと言うから、毎月の積み立てを3年間続けて、ようやく京都に来ることができた。良いお店に出会えて、お安く着物を借りれてありがとうございます。」

 

こういうお客さんを捌けるのか?

一生の思い出創りに京都旅行に来たお客さんを捌くって何だよ?

俺たちにとってたくさんいるお客様でも、お客さんにとっては1分の1。お客さんにとっては、俺たちは京都代表だよ。京都代表として、最高のサービスを提供しろよ。

だいたい、お客さんは3000円で着物レンタルは安いっって言ってくれたけど、果たして本当か??それは、相場に対して安いだけであって、3000円捻出するのに、本当はめちゃくちゃ大変だったと思うよ。そんな、いろんな想いの3000円で、俺たち飯食ってるんだぞっ。

 

『観光客をなめんなよっ。』

 

※すみません!!写真は、出版会社の営業ツールで勝手に作られたもの出版の予定も全くありませんっ!!

 

どこぞのおっさん経営者「夢は寝てから見ろよ」
俺「ヤダ」

「夢は目標に置き換えるべきで、それを達成させることに意義がある」こんなこと、例えば目を輝かして夢を語る子供達の前で言うことできるのかなー??
「いや、お前はもう子供じゃなくて立派な大人なんだから、、、」夢を忘れた大人がそんなに立派なのかね〜??
「だいたいお前勘違いしてるんだよ。そんなの無理に決まってるだろ。」うるせー、勘違いは俺の真骨頂、余計なお世話だっ!!
長期ビジョンから落とし込まれた現実の延長線上の中期経営計画。これはこれで、大事に決まってる。経営者の端くれとしては当然やってやるよっ。俺が立てた目標なんだから必達に決まってるだろっ!!
でも、やっぱり夢は夢だね。
俺は夢をみるよ。
そして、昼間は遠慮気味に、夜は酒飲んでるから無邪気にそれを語るよ。
決めてることは1つ。
できるだけ俺の言葉で語るんだ!!
俺の夢は、借りてきた言葉じゃとても表現できないから。
忘年会シーズン。今年は勘違いガキんちょ経営者大いに夢を語ります!!
お誘いお待ちしておりますっ!!

政府からの要請でも受けているのか、と見紛う程のマスコミの恣意的な喧伝のためか、最近は滅法インバウンドという言葉を耳にします。そのため当方もありが たいことに、各省庁、市町村、商業テナント、大手メーカー、旅行会社等から多くの協力・出店・協業のご依頼を頂くことが大変多くなっております。そして、 実際にお会いしてみると、一つの共通したものがあります。それは、皆さん一様に自信が無さげです。。。

 

何故か??それは、おそらくインバウンド市場が拡大していることも、それが数年は続くであろうことも、頭脳明晰な方々なので当然周知の事実。にもかかわら ず、なんだか実感値がないのが本音なのでしょう。テレビで爆買いが報じられて、目の当たりにする観光客は多くなっているのに、なぜか自分のところは意外に 伸びがない。。。自信がなくなるのもわかります。

 

一方で当社では規模が小さいながらも、インバウンド需要の取り込みに兆しが見えています。
・京都でスーベニアショップ7店、京都No1の着付け人数を誇る着物レンタル店5店舗を運営(さらに年内2店舗OPEN!!)。
・スカイツリーソラマチではフロア売上坪単価1位で月商は上がり続けて1000万オーバー。
・浅草では7坪で1500万円の月商(食品除いた物販では浅草エリアNo1では??)、また訪日外国人売上比率は65%を超えます。

他のエリアでも、沖縄、福岡、横浜、原宿等のエリアでは特にインバウンド需要によって売上は上昇中です。

 

自分の中では、稼ぎ方に自信がありますが、それには色々な答えがあるのが事実です。実は、唯一の拡大マーケットであるインバンドを皆で攻略しようと勉強会 を開いております。今回は、インバウンド向けの忍者wifiでも成功したビジョンの佐野社長を中心に『インバウンドの実際』を承知の店舗ビジネスに詳しい 方々を交えて、パネルディスカッション行い、また新しいインバウンドビジネスの発表や、成功体験のシェアの場を提供する予定です。

 

実際にインバウンドで事業を考えてる方、ご興味ある方はお早めのこちらのリンク先からご応募ください。

【第4回】インバウンドベンチャー会『インバウンド消費で加速する店舗ビジネス』

タイで起業したいから相談にのってくれと、若者二人が東京本社を訪ねてきて近所のカフェでお茶をしたのが約1年前。無農薬のトマトをタイで作る、という。

 

『目を輝かせて夢を語り、質問の答えに真摯にメモをとる姿。』これ以上にイケてる若者の姿というものは存在するものでしょうか??しかも二人ともKO大学 出身で、イカれてる!!小洒落たカフェで頼んでいたドリンクはアルコールの入ったそれに変わるのは至極当然、実に有意義な時間を過ごしました。

 

さて、四季が一周する頃になると、『本当に起業して事業を開始したらしい』と風の噂が。当然行くことは直ちに決意するが、その理由は「粋の良い若手に偉そ うにウンチクを語りたいがための老婆心もどきの」からか「タイの起業家として負けてはならぬライバル心」からか、「少年の頃抱いていたが、すっかり磨耗し かけた純粋で素朴な探究心」からか??

 

急遽できた週末のいとまを利用して、タイの事務所近くのドンムアン空港からひとっ飛び。タイ北部コンケン空港まで迎えにきてもらって、車に揺られること2時間半その地ナムナオに到着しました。

 

彼らはよくやっていた。雑草が生い茂る山を切り拓くことから始め、なんと半年近くで出荷まで行えるまでになった。バンコクでの営業活動も奏を呈して、バン コク在住日本人で知らない人はいないフジスーパーにも納入をしていた。マネジメントの面でも、6人ほどのスタッフを雇って一つ屋根の下寝食を共にし、間違 いなくその地での日本人代表である彼らは、うまくやっている、、、風である。やはり、我々はベンチャー起業家である。彼らのアイデンティティーもそこにあ るらしい。

 

「タイの田舎で無農薬のトマトを作って、、、」そりゃあ、楽しいだろう。太陽の下、誰もいない未開の地を切り拓く。土に戯れ、汗にまみれ、仲間と笑い、 作ったトマトはお客さんに好評をいただく、こんな幸せなことはないだろう。しかし、本当にそれでいいのか?PDCAを回しずらい農業において、こんなにち んたら現場にどっぷりはまっていると、あっという間に時が過ぎ去る。

 

チリが積もっても所詮チリの山だろ。

 

「とりあえず」って何だ??「とりあえず、とりあえず」て、何でもやってたら、とりあえず死ぬぞ!!
そもそも、会社の理念はどこにいったんだよ!?
農業革命はそんなんで起こせるのか??
自分が幸せなら良いのかよ、皆に幸せを提供したいという一年前の言葉は嘘じゃねーか??
お前に勇気がなく攻める姿勢が無いのを、生まれたばかりの子供のせいにするな、子供がかわいそうだろっ!!

 

一度語った夢から逃げるな!!

 

男だろっ、思い切っていけよっ!!!!!!!!!!!!!!!!

古い記事へ