新幹線のチケット失くして、なんと買い直しですっ泣。でも、こういう時は探したり、後悔するのは、すぐに止めます。だって、商売のネタ考えれば、そんなもの一気にとり返せるから。経営者に最も必要な要素は、思い切りの良さと開き直り、らしいので、そこだけはバッチリかも

 

ps.あ、でも経営者の前に一人の人間なので、、もっとモノを大切にしますっ!!

あけましておめでとうございます。昨年度は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
昨年は100名以上の仲間が増えて、国内だけでも350名を超え、過去最高売上・最高利益共に大幅更新、大変飛躍の年になりました。また、次年度以降へ向けた種まきも順調に行うことができて、比較的投資と回収のバランスの良い一年だったと思います。

 

さて、本年は事業部については幹部のみんなに任せて、自分は「採用・教育」と「新規事業開発」をメインに勤しみたいと思います。前者については、「任せた言って逃げていた」重要事項なので、正月休みを使って色々と戦略から具体的な行動プランまでを練上げます。後者については、比較的うまくいっているので、今年は以下のように一つ上のレベルに挑戦したいと思います。
2010年位まで)→「利益が出ればやる。」
2014年位まで)→「利益率と投資効率の良いものしかやらない。」
しかし、今後については、
2017年から)→「利益率良くて、投資効率良くてさらに、スケールするものしかやらない。」
よって、
・初っ端から単独の大型店や複数出店でしかける。(既存店に載せない)
・初年度から3年後のあるべき姿の最低ラインまでしっかりと作る。
・立ち上がった事業をより強く伸ばすための会議作り(今までは立ち上がったら、事業部に任せっきり。事業部単体でも事業を興す力を養う。)
を、行なってまいります。

 

自分も38歳となり、経営者としては、ガバナンスや事業ポートフォリオも重要になってきて、大人な経営を求められてきました。応援してくれる仲間の数も激増しているので、そこについては、自分もしっかりと対応して参りたいと思います。しかし、どんなに会社が大きくなろうとも、変わらないものもあります。理念や、目の前のお客さんをハッピーにすることという行動の軸もそれです。そして、ひとたび事業にフォーカスしてみると、そこはもう、悪いけど俺は一人の事業家なので、変わりません。俺のやり方で挑戦させてください。

 

『あいつ今更こんなことやってバカじゃん』
『そんなもの売れねーよ』
『そんなのやってるの周りで森ちゃんくらいなんだけどー』
これらは、最大の賛辞として本当に嬉しく思います。そして、それをしかと受け止め、俺は一人の事業家として、俺のやり方で証明もします。
それは、利益で!!

 

皆々様、変わりまくるモリも、変われないモリも、どうぞ宜しくお願い致します。

30日、名古屋栄かんざし屋wargoをOPENしました!!12月は鹿児島2店舗、京都新京極1店舗なので4店舗のOPENしました。開発に携わってくれたみんな、ありがとう!!また、名古屋チームは、栄店OPEN準備をしながらも、大須の既存店でギネス記録を叩き、大変感謝です

 

さて、2017年前半、東海エリアを戦略立地と認定しようと思います。京都エリアは15店舗、東京/神奈川エリアは13店舗近くあるのにその中間である、いわゆる東海エリアでは、静岡、名古屋大須に次いで、今回の新店合わせても3店舗しかなく、戦線の間延びが否めない。兵站を軽視した店舗ビジネスに成功は無いので、このままではいけない。

 

そもそも、家康も江戸時代を経営するために、幕府というガバナンスの効いた経営陣の他に、交通・通信のネットワーク(伝馬で文書や荷物を継いでリレーしていたらしいです。)として、京都の三条まで敷いた東海道を中心としたロジスティックを重要視していたでしょう。和心も300年太平の時代を築くため、東海道では、川崎→横浜→鎌倉のラインの延長として、小田原、箱根、熱海に出店すべきだ。そして、名古屋、静岡エリアには、出店攻勢をしかけ、早い段階で支社の設立までこぎつけ、家康よろしく重要拠点に据えます。

 

また、事業上、地域資源・地場産業・地場のデザイナーとのコラボは欠かせないので、東海道中膝栗毛の弥次喜多さんのように、楽しみながらエリアを開拓していきたいと思います。

仕事で急遽博多に来る事になったのですが、福岡の販売スタッフや後輩経営者達も関西からわざわざお祝いに来てくれて、とても嬉しい誕生日を過ごせました。さて、アインデンティが商売人なので、37歳振り返りも、38歳豊富もやはり商売がらみです。37歳は「人に任せる事と、自らで行う事の分業」がうまくいった気がします。不得意な事は割り切って全て内外の仲間に任せ、その代わり得意な事には今まで以上に強く自論を展開させてみました。引き続き、多くの仲間に任せる事は任せて、自分は以下の4つに集中します。

・理念浸透
自らが理念の伝道師となり、率先して垂範し、同じ拳を握れる仲間を目一杯増やす。(国内500名体制に)
・新規事業開発
「オンリーワンか圧倒的ナンバーワン」と営業利益率30%に強くこだわり、新規事業を研究開発。(モノ、コト、ITそれぞれ一発ずつ)
・経営幹部強化
幹部候補生の選抜教育(四半期1回)、幹部合宿(年2回)、幹部採用(3名)の陣頭指揮を。(マネージャー15名に。)
・予実管理
実績が予算とずれそうになっても皆でカバーして、弾力性のある事業ポートフォリオを組み『集団予実管理体制』を確立させる。

 

以上
改めまして、先達の先輩方をはじめ、皆々様に生かされている事を肝に命じ、感謝を決して忘れずに38歳も爆進したいと思います。どうぞ38歳森智宏を宜しくお願いいたします。

成田からホーチミンへ向かう機内、日経新聞の岩手の偉人2人を紹介する夕刊コラムを読んで筆をとることにした。ー宮沢賢治は37歳で生涯を閉じた。また新渡戸稲造は37歳で『Bushido』を英語で発売。(『明日への話題』より抜粋)そして、森智宏は現在37歳で何もしてない。。。

 

ここのところ、歳下で優れた結果を出している経営者や経営幹部の人たちと話す機会が多い。「年長者というつまらないプライドを捨てて、彼らから学ぼう」とか、もはや思わない。「単純にカッコイイから、真似したい。」

 

彼らの経営スタイルを分析してみると、概括的には以下である。
ひょうひょうとして、
効率重視で、
ITに強く、
洒落てて、
グローバル。
力みがなく、
熱い思いは心に留め、
調子の良いことを言わず、
本質をズバッと捉える。
イデオロギーがなく、
極めて論理的。

 

文字にして改めて思ったが、「そりゃあ儲かるな」と。経営の肝要がとても多く備わっている。もちろん彼らとは素養も違うし、日本の文化を標榜する我々とはどうしても相容れないモノもある。経営スタイルには様々な形があってしかるべきである。しかしながら、己の経営スタイルを因数分解して棚卸ししてみると、「多くの無駄やムラ」があるのは否めない。それを起因として、「最近の若者とシンクロできないという結果」も起こってしまう。さらに言うと「革命的な経営を起こすのに必要な要素」も足りてないのではないか??このままでは仲間や応援していただいている皆様に申し訳が立たない。

 

最近の若者を徹底的に真似してみる。もちろん、東北の農民に寄り添って生きる賢治の優しさや謙虚さ、そして何より「武士道」があってこそだ!!

 

追記『注文の多くない料理店』
機内食を、健康診断で気になった内臓脂肪を気遣って、ベジタリアンフードにしてみた。この「ベジタリアン」という一つの注文が失敗だ。なにしろ事あるごとに「ベジタリアンの森様」「ベジタリアンの森様」と呼ばれる。この枕言葉が、非常にむず痒い。さりとて、最も気になるのは言ってる乗務員の表情で、顔が常に半笑いだ。むしろ、言いながら完全に笑っちゃっている。「あいつ肉食そうに見えて、ベジタリアンかよ、ギャグだろw」的な井戸端会議を間違いなくカーテンの向こう側でもしている。

 

アメニモマケズ、カゼニモマケズ、、、負けないっ!!w

好調な新宿エリア(新宿、原宿、下北沢)の店舗スタッフと会食しました。販売員と食事する機会はとても少ないので、現場の意見を聞けるとても良い機会です。それにしても、知った顔が多いこのエリアは、よくよく聞いてみると、なんと10名のスタッフ中なんと4人が出戻り組でした。

 

黎明期を共に頑張ってくれて、何らかの理由で卒業して行った仲間が舞い戻ってきてくれて、また中心となって活躍してくれるのは、それはそれは、正直経営者冥利に尽きます。しかし、最も嬉しいのは、自分についてくれるのではなく、専務で店舗統括の最上に敬意を表してくれて、またその部下であるスーパーバイザーのA木のことを大層慕ってくれている事でした。

 

僕の祖父さんは死ぬときに、「公子(僕の母です)を良くしてくれてありがとう。」と言ってました。当時は、「いや、自分の母ちゃんを孝行するのが当たり前だろ、じいちゃん何言ってんだよっ」と思っていました。だけど、今はその言葉の意味が多少理解できた気がします。

 

まじ、みんな、さんきゅ。

暑さの中にも新涼を少しは感じられるようになった今宵、神楽坂にてお食事会(2×2)に呼ばれました。尊敬する先輩経営者の場なので、当然のことながら女性も大変素敵です。美味しい料理に舌鼓を打ち、ワインボトルが数本空いてくると、酒肴はお約束の恋愛話へと移ります。

 

「飲ませ上手は商売上手」とよく言われる!?通り、聞き上手の先輩、場の空気をうまく作り出すソムリエ、また調子者の自分とで女性陣の飲むピッチを段々と上げていきます。すると、メイン料理が出る頃には、皆良い感じに酔っ払いです。

 

さて、順に休憩所に行く女性のタイミングを見計らい「女性2人が同時にいるときに聞くことが野暮」な質問を各々にこっそりとしました。するとなんと返ってきた言葉は、偶然にも申し合わせたかのように同じ言葉です。

 

「忍耐」「執念深く」

 

2人の女性は会社のオーナー経営者で、齢はなんと70代と80代。質問は「経営をしていく上で最も重要なことは何か??」です。

 

お二人が活躍し始めた時は女性の社会進出はまだまだで、男女雇用機会均等法の制定(1972年らしいです)もだいぶ後になってのこと。そんな中、独立をして一代で成功を成し遂げるには相当の苦労もあったことは想像に難くありません。そして偶然にもお二方の「経営の要諦」が同じとは、大変勉強になります。

 

今の日本経済は、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」先輩方に築き上げていただいたもの。それをしかと噛み締めながら帰路につくと、昔の隆盛の面影が残る花街特有の小さな路地と、突き当たりの急な坂道が妙に好きになったので不思議です。

先月は、お陰様で創業以来の大商いでした!!
既存事業に加えて、傘専門店「北斎グラフィック」や浴衣の催事「hiyori」が全国で爆裂!!もはや新規事業では無くなり拡販ベースに乗ったので、これらは自分の管掌からは外れます。後任には、細かいところをどんどんと改善しながらも、現状否定を絶やすことなく、どんどんとチャレンジしてもらいたいと思います。

 

さて、今は次の事業開発のために少し暇(いとま)を頂き、新規事業の開発のため、日夜、脳内妄想を繰り広げています。皆様が楽しんで喜んでくれて、かつ「日本のカルチャーが世界へ」広がるようなモノやサービスを!!しかし、そんな折、よく耳にするのが、社内外から頻繁に聞こえる言葉
「面白いことをしましょーよ」
です。

 

正直、面白いことしかやる気ないから、「余計なお世話だよ」っていうのが、本音です。でも、いつも思うのはこいつ「面白い」ってなんのこと言ってんのかな、と。いわゆる「誰もやらない突飛なこと」か「ニュース性や話題性のあること」あたりを指していると思うけど、しかし、大概「商売において面白いこと」で最も抜けてはいけない要素が、抜け落ちているのではないか??

 

俺たち商人は、芸人さんじゃないから、一発芸なんて当然やらない。瞬間的に喝采を浴びている時は面白いけど、あくまで一瞬。儲からない奴らが仲間同士で、「一般人は見る目がないよなー」「時代を先読みしすぎたかなー」って。そんな、言い訳はなんの生産性もない。

儲からない商売は、家族のためにも、仲間のためにも、お客さんのためにも、ならないでしょ。せめて、継続を担保できるくらいは儲からないと。

 

だから、結論。
『商売は儲からないと、面白くもなんともないっ!!』

 

我々は、参入した事業全てにおいてオンリーワンor圧倒的ナンバーワンを目指します。理由は、僕らが選ぶような小さなマーケットでは、例え一番になったとしても、大きな対価を得られないからです。

さて、今シーズンから始まる浴衣店舗販売事業、今回は相手が少々手強ですっ。取り急ぎ今年は、ギリギリのNo1でも良しとします。ユニクロさんや着物のヤマトさんが50,000着売るらしいので、今夏は同数の50,000着を狙い(仕入れ、仕込みは終了です〜)先頭集団につけます。しかし、来年に向けて20万枚を仕込み、2位以下にダブルスコアをつけ、来夏以降は圧倒的 No1の座を築きたいと思います。

さて、僕らの敵はどこか?
これは、呉服屋さんやアパレルメーカーの作る浴衣ブランドではありません。正直、浴衣においては量や質で圧倒しているので、日本でうちよりも売上を叩く業者はいないと思います。
では、敵はどこか??
ずばり、「水着屋さん」です。

夏しか売れない浴衣を、プロパー店舗で売り続けるのは困難です。よって、夏場にだけ、売り場を設けるしか方法はありません。そうすると、僕らの主戦場の路面店では契約上難しく、自ずと商業施設に頼らざるを得ません。しかし、どの商業業施設でもこの時期は水着屋さんが良い場所を押さえています。
よって、僕らが今後たくさん浴衣を売るためには、今年水着屋さんよりも沢山売ってそれを実績とし、それを持って来年や再来年の場所を取るために売り込むしかないのです。
皆々様、お願いです。
今年は水着よりも浴衣買ってください〜!!

※詳細です!!
3900円の綿平織りの浴衣から、涼しげな国産の綿絽や紗の夏着物まで幅広くあ揃えております。帯も15,000万本、下駄は10,000足と小物も充実の『ゆかた屋hiyori』です。何卒、どうぞよろしくお願いいたします!!
※※イベント情報です!!7月中は下記にて販売いたします♪
4/22 青森弘前hiror1F
5/30 横浜赤レンガ倉庫 1F
6/4 博多キャナルシティOPA サウス棟3F
6/10 京都河原町OPA 1F
6/13 大阪梅田OPA B1
6/15 熊本パルコ 下通り沿い
7/1 大分アミュプラザ 2F
7/1 長崎アミュプラザ 3F
7/1 川崎かすう工房内
7/1 新京極wargo内
7/1 大阪アメ村かすう工房内
7/1 名古屋大須かすう工房内
7/1 沖縄那覇国際通りかんざし屋wargo横
7/1 下北沢かんざし屋wargo2F

九州のスーパーバイザーの元に、スタッフから泣きながら電話があった。売上がゼロなのはしょうがない、泣くことないのに、と日報を見ると、経営歴19年はじめてのショックを受けた。

 

「こんな時に有っても無くてもいいような物をよく売ろうとしたものね」と胸に突き刺さる発言をされながら、、、と。

 

売るものを決める最終責任者は俺だ。そのような思いをさせて大変申し訳無く思う。しかも、俺は今タイにいて、仲間は隣の部屋でそのかんざしを作ってる。大事な仲間が作った商品がそのように思われるのもとても悲しい。でも、お客さんのいうことは、解る。生活に必需ではないしね災害の最中では優先順位はかなり下のほうだから。

 

だけど、俺たちはかんざし屋だ。悪いがかんざしを売らせてもらう。そこには日本一のかんざし屋としての誇りもある。「日本のカルチャーを世界へ」発信するのが使命の俺たちだから、文化事業を行う。そして、文化とは無駄と隣合わせだ。しかし、文明社会において、また社会の成熟度が増した現代において「文化」とは必須なものではないのか??だから、希望を失いかけた人や、余震に怯える人たちにはライフラインよりも、むしろ俺たちのやってる文化事業が必要だと思うよ!!

 

お店に来たお客さんに、かんざしの付け方教えてあげて。
「かわいいでしょ」って。
「意外に便利でしょ」って。
「仲間が熊本の人が元気になるよう一生懸命作ってるんだよ」って。
教えてあげて。
いろんな事情があるから、買えない人がいたら、商品渡しちゃってくれる??

 

「お金はいつでもいいですよ」って。
「便利でお役に立つことあったら、お金払いに来てください」って。
「辛い時あったら、みんなが応援してるってことを、かんざし見て思い出して下さい」と。

 

熊本の皆様、無駄かもしれないですが僕たちバカみたいに一生懸命かんざし売ってます。熊本PARCO1Fかんざし 屋でです。スタッフの話聞いてください。もちろん、魅力伝わらないかもしれないので、その時は試しに持って帰って使ってみてください。何より僕たちは、本気で熊本の皆様にエールを送ります。

 

株式会社和心 代表取締役 森 智宏

古い記事へ