経営者になると決めたのは、小学校4年生で10歳でした。きっかけは、まぎれもなく食品関連の会社経営者の叔父さんです。
当時住んでいた足立区竹ノ塚、駅前の東武ストアに叔父さんが仕事で来るというので、母親に使いに出されました。お客さんが多いとは言えないスーパーなので、小学生ながらに売上を心配して向かったのを今でも覚えてます。
魚のツミレ団子の試食販売をしていた叔父さんを見つけたときは、衝撃で今でも鮮明に覚えています。エンドで組んだ6尺(約1.8m)一本の売り台は、まさに叔父さんのオンステージで、啖呵切って集り(たかり) を作っている姿は、何しろかっこ良くて、憧れしか抱きませんでした。スーパー内には数人のお客さんしかいないのに、ほぼ全てのお客さんは叔父さんの虜になり、冷凍オープンのショーケースからは、商品がどんどんなくなっていきました。

 

時は経ち、自分もアルバイトができる歳になると、地獄の丁稚奉公が始まりました。しばらく経つとあの時の輝きの理由がじわじわと分かってきました。叔父さんは、何より商売の基本動作が全て一級です。江戸時代の商人から引き継がれた伝統的な売(バイ)の要素である声出し・啖呵の切り方・当たりのかまし方・呼び込み・抑え・タカリの作り方・落とし方・単価上げ、叔父さんの右にでるものはいません。そんな叔父さんみたいになりたくて、何しろ何でも真似続けました。そんな甲斐もあって、奉公も終わり頃になると、自分だけで売を打てるようになります。すると、不思議と全国どこへ行っても負け知らずで(ありとあらゆるものを売りました!!w)、有名百貨店の催事場ではいくつものギネス記録を叩きました。しかし、本気を出した時の瞬発力は、到底叶わず、どうやったら勝てるのかその後もずっと苦心していたのを覚えています。

 
そんな叔父さんですが、宵越しのお金を持たず儲かったお金は博打で全て使ってしまうので、この世に残したものは、何もありません。しかし、叔父さんの「かっこいい商道」は、当社の行動指針、販売心得、幹部指南でしっかりと生きています。

 
のれん・看板は顔だ、大事にしろ。
腰巻(売り台の化粧布です)をキチッと巻け。
売り場を綺麗に保て。
他人の商売の邪魔をするな。
邪魔されたら徹底抗戦しろ。
挨拶が商売の基本、大きな声で元気よく。
商売は根性、ケッパれ。(=がんばれ。婆ちゃんが福島の会津の生まれだったので、良く言ってました)
等々(他にもたくさんあるのでいつか発表したいですが、長くなるのと細かいので割愛します。)
とても厳しく、照れ屋の叔父さんなので、結局生きてる間一度も褒められたことはありませんでした。(亡くなる日に二人きりになっても、眉間にシワを寄せたまま、あの時と同じようにアゴで命令です。)しかし、10年位前同世代の中で遅れをとって自分の商売が伸び悩んで相談した際、一度だけ言われた言葉はとても嬉しかったので褒め言葉として、心に留めようと思います。

 
「商売の基本の仕込まれ方が違うだろ、お前が負けることはないと思うよ。ケッパれ。」

3月29日、金沢フォーラス5Fに『北斎グラフィック』がOPEN。4月1日には、池袋P’PARCOに『WARGO』(池袋初出店)、博多キャナルシティに『かんざし屋』(福岡4店舗目)が同日OPEN。店舗施工チームが忙しそうなので、石川県に残って、4月3日の金沢香林坊東急『浴衣屋hiyori』(金沢3店舗目)のOPEN準備を手伝うことにしました。

 
ずっと、金沢に居てもしょうがないので、新業態開発の取引先開拓及び既存業者さんのご挨拶にと、九谷と輪島へ2日間の旅に出ました。数年ぶりに訪れた九谷は、素晴らしい若い作家さんが多く、九谷焼にとって明るい未来が感じられて、とても嬉しい気分になりました。一方、輪島はNHKのテレビドラマ「まれ」の影響で、観光客は一時的に増えたものの、輪島塗りの惨状は以前にも増してるように感じます。
伝統工芸とデザインの融合、伝統工芸を世界に発信する、伝統工芸をデジタル機器に、ITを使って、、、。

 
自称和文化プロデューサーや伝統工芸アートディレクターは、もっともらしいテーマを掲げて、面白そうな企画をしては、すぐに終わってしまいます。挙げ句の果てには、そのコンサルに助成金まで投入されて、なんと無駄なことでしょう。輪島塗りをはじめ後世に伝統工芸を残す一番良い方法は、たった一つ。それは、『適正価格で恒常的に売りまくる事』です。もちろん、その役目を背負うのは商売人でしょう。
僕ら世代では、多くの人は漆器を購入した経験はないでしょう。おそらく、9割の人は100均で購入したお盆に蒔絵を施したら、そのお盆を漆器と勘違いすると思います。そんな、状況下で売りまくるのはとても困難ですが、すごく良い事考えちゃったので、おそらく売るのは難しくないはず。しかし、産業全体を考えたときに、若い子が何しろいないので、それが最も心配。30年後はおろか、10年後でも作る人が激減してるだろうし。。。昔は、かんざし職人もそうだけど、蒔絵師もきっと女の子に大人気な職業だったはず。

 

 

職人のブランディングと採用が肝になるだろうが、そこはすごく自信がない。。。w
職人100人分くらいの漆器なら、全量買い取るので誰か一緒にやりませんかー!!

 

 

PS
浴衣催事始まりました。今年は、12万着の浴衣、5万本の帯、3万足の下駄で、全国30会場で行います。日本最大級の在庫で、お出迎えしますので、皆様よろしくお願いしますっ!!

 

 

昨日、名古屋栄parco6F『和傘屋北斎グラフィック』OPENしましたー。先週の名古屋レゴランドの商業施設メイカーズピア、月初の静岡にもOPENしており、東海エリア攻略は順調に進んでおります。

 

あまり知られていませんが、実は、日本は世界一の傘大国で、国内だけで3億本もの傘が売れていると言われております。よって、訪日外国人にとっては、日本の傘がお土産としてとても人気が高く、我々のお店でも、10本単位のまとめ買いも色々な店舗で散見されます。

 

また、傘はクレーム商材として商業施設ではとても嫌われています。うちも、はじめの半年は不良率がなんと5割を超えてました。時には95%以上の不良品が出て、店頭に商品が並ばない日々もありました。工場での検品、弊社生産管理の検品、店舗での検品をくぐり抜けて、お客様の元に不良品が渡ってしまった例もありました。もの作りに強い信念と誇りをもっている自分は、とても悔しい思いもしました。

 

今では、生産や商品管理のみんなが頑張って、不良率もほぼゼロになりました。そして、一番人気の三つ折り傘や長傘は、すでに4度の改良を経て、同価格帯では世界でも最高品質まで昇華されました。日本では歴史的に、傘は帯をも隠す大きさを担保するため、大きめです。我々もその歴史を引き継ぎ、どの傘も大きめに作っておりますが(折りたたみでも普通の傘並みの径があります)カーボン仕様のため、とても軽くて使いやすいです。

 

是非、鬱陶しい雨の日を、北斎グラフィックの傘で、少しでも楽しくお過ごし下さい〜。

 

今月OPENの傘屋です。

3/4静岡pargo3FOPEN
3/10博多キャナルシティーB1OPEN
3/16名古屋メイカーズピアOPEN
3/25名古屋栄parco6FOPEN
3/29金沢フォーラス5FOPEN

http://www.wargo.jp/products/list626.html 通販サイト『ワーゴニッポン』

傘屋OPENラッシュ今月5店舗!!

昨日『和傘屋北斎グラフィック』OPENしました!!場所は、キャナルシティB1で九州エリアでは7店舗目、福岡エリアでは3店舗目、博多では初出店になります。30坪弱の広さで、全国でも同業態では最も大きいお店となります。お近くの際には是非お立ち寄りください!!

 

さて、新規出店の際に久々に立ち会ったのですが、やはり現場には多くの学びがあります。東京本社や九州他県から集まった助っ人のお陰もあり、初日から多くのお客さんで賑わい嬉しい気持ちになりました。

 

しかし、何よりうれしかったのは、支配人はじめ館のスタッフさんやお客さんが『面白い!!楽しい!!』と言って喜んで頂けたことです。自分は何より儲けることが大好きな商売人なので、綺麗事や青臭い事言ってるガキンチョ経営者は非常に苦手です。だから当然、恥ずかしいので一度も口にした事ないですが(使い古された言葉だし)、もちろん2度と言わないと思いますが、、、

 

お客さんの笑顔が本当に嬉しいっ!!

 



新幹線のチケット失くして、なんと買い直しですっ泣。でも、こういう時は探したり、後悔するのは、すぐに止めます。だって、商売のネタ考えれば、そんなもの一気にとり返せるから。経営者に最も必要な要素は、思い切りの良さと開き直り、らしいので、そこだけはバッチリかも

 

ps.あ、でも経営者の前に一人の人間なので、、もっとモノを大切にしますっ!!

あけましておめでとうございます。昨年度は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
昨年は100名以上の仲間が増えて、国内だけでも350名を超え、過去最高売上・最高利益共に大幅更新、大変飛躍の年になりました。また、次年度以降へ向けた種まきも順調に行うことができて、比較的投資と回収のバランスの良い一年だったと思います。

 

さて、本年は事業部については幹部のみんなに任せて、自分は「採用・教育」と「新規事業開発」をメインに勤しみたいと思います。前者については、「任せた言って逃げていた」重要事項なので、正月休みを使って色々と戦略から具体的な行動プランまでを練上げます。後者については、比較的うまくいっているので、今年は以下のように一つ上のレベルに挑戦したいと思います。
2010年位まで)→「利益が出ればやる。」
2014年位まで)→「利益率と投資効率の良いものしかやらない。」
しかし、今後については、
2017年から)→「利益率良くて、投資効率良くてさらに、スケールするものしかやらない。」
よって、
・初っ端から単独の大型店や複数出店でしかける。(既存店に載せない)
・初年度から3年後のあるべき姿の最低ラインまでしっかりと作る。
・立ち上がった事業をより強く伸ばすための会議作り(今までは立ち上がったら、事業部に任せっきり。事業部単体でも事業を興す力を養う。)
を、行なってまいります。

 

自分も38歳となり、経営者としては、ガバナンスや事業ポートフォリオも重要になってきて、大人な経営を求められてきました。応援してくれる仲間の数も激増しているので、そこについては、自分もしっかりと対応して参りたいと思います。しかし、どんなに会社が大きくなろうとも、変わらないものもあります。理念や、目の前のお客さんをハッピーにすることという行動の軸もそれです。そして、ひとたび事業にフォーカスしてみると、そこはもう、悪いけど俺は一人の事業家なので、変わりません。俺のやり方で挑戦させてください。

 

『あいつ今更こんなことやってバカじゃん』
『そんなもの売れねーよ』
『そんなのやってるの周りで森ちゃんくらいなんだけどー』
これらは、最大の賛辞として本当に嬉しく思います。そして、それをしかと受け止め、俺は一人の事業家として、俺のやり方で証明もします。
それは、利益で!!

 

皆々様、変わりまくるモリも、変われないモリも、どうぞ宜しくお願い致します。

30日、名古屋栄かんざし屋wargoをOPENしました!!12月は鹿児島2店舗、京都新京極1店舗なので4店舗のOPENしました。開発に携わってくれたみんな、ありがとう!!また、名古屋チームは、栄店OPEN準備をしながらも、大須の既存店でギネス記録を叩き、大変感謝です

 

さて、2017年前半、東海エリアを戦略立地と認定しようと思います。京都エリアは15店舗、東京/神奈川エリアは13店舗近くあるのにその中間である、いわゆる東海エリアでは、静岡、名古屋大須に次いで、今回の新店合わせても3店舗しかなく、戦線の間延びが否めない。兵站を軽視した店舗ビジネスに成功は無いので、このままではいけない。

 

そもそも、家康も江戸時代を経営するために、幕府というガバナンスの効いた経営陣の他に、交通・通信のネットワーク(伝馬で文書や荷物を継いでリレーしていたらしいです。)として、京都の三条まで敷いた東海道を中心としたロジスティックを重要視していたでしょう。和心も300年太平の時代を築くため、東海道では、川崎→横浜→鎌倉のラインの延長として、小田原、箱根、熱海に出店すべきだ。そして、名古屋、静岡エリアには、出店攻勢をしかけ、早い段階で支社の設立までこぎつけ、家康よろしく重要拠点に据えます。

 

また、事業上、地域資源・地場産業・地場のデザイナーとのコラボは欠かせないので、東海道中膝栗毛の弥次喜多さんのように、楽しみながらエリアを開拓していきたいと思います。

仕事で急遽博多に来る事になったのですが、福岡の販売スタッフや後輩経営者達も関西からわざわざお祝いに来てくれて、とても嬉しい誕生日を過ごせました。さて、アインデンティが商売人なので、37歳振り返りも、38歳豊富もやはり商売がらみです。37歳は「人に任せる事と、自らで行う事の分業」がうまくいった気がします。不得意な事は割り切って全て内外の仲間に任せ、その代わり得意な事には今まで以上に強く自論を展開させてみました。引き続き、多くの仲間に任せる事は任せて、自分は以下の4つに集中します。

・理念浸透
自らが理念の伝道師となり、率先して垂範し、同じ拳を握れる仲間を目一杯増やす。(国内500名体制に)
・新規事業開発
「オンリーワンか圧倒的ナンバーワン」と営業利益率30%に強くこだわり、新規事業を研究開発。(モノ、コト、ITそれぞれ一発ずつ)
・経営幹部強化
幹部候補生の選抜教育(四半期1回)、幹部合宿(年2回)、幹部採用(3名)の陣頭指揮を。(マネージャー15名に。)
・予実管理
実績が予算とずれそうになっても皆でカバーして、弾力性のある事業ポートフォリオを組み『集団予実管理体制』を確立させる。

 

以上
改めまして、先達の先輩方をはじめ、皆々様に生かされている事を肝に命じ、感謝を決して忘れずに38歳も爆進したいと思います。どうぞ38歳森智宏を宜しくお願いいたします。

成田からホーチミンへ向かう機内、日経新聞の岩手の偉人2人を紹介する夕刊コラムを読んで筆をとることにした。ー宮沢賢治は37歳で生涯を閉じた。また新渡戸稲造は37歳で『Bushido』を英語で発売。(『明日への話題』より抜粋)そして、森智宏は現在37歳で何もしてない。。。

 

ここのところ、歳下で優れた結果を出している経営者や経営幹部の人たちと話す機会が多い。「年長者というつまらないプライドを捨てて、彼らから学ぼう」とか、もはや思わない。「単純にカッコイイから、真似したい。」

 

彼らの経営スタイルを分析してみると、概括的には以下である。
ひょうひょうとして、
効率重視で、
ITに強く、
洒落てて、
グローバル。
力みがなく、
熱い思いは心に留め、
調子の良いことを言わず、
本質をズバッと捉える。
イデオロギーがなく、
極めて論理的。

 

文字にして改めて思ったが、「そりゃあ儲かるな」と。経営の肝要がとても多く備わっている。もちろん彼らとは素養も違うし、日本の文化を標榜する我々とはどうしても相容れないモノもある。経営スタイルには様々な形があってしかるべきである。しかしながら、己の経営スタイルを因数分解して棚卸ししてみると、「多くの無駄やムラ」があるのは否めない。それを起因として、「最近の若者とシンクロできないという結果」も起こってしまう。さらに言うと「革命的な経営を起こすのに必要な要素」も足りてないのではないか??このままでは仲間や応援していただいている皆様に申し訳が立たない。

 

最近の若者を徹底的に真似してみる。もちろん、東北の農民に寄り添って生きる賢治の優しさや謙虚さ、そして何より「武士道」があってこそだ!!

 

追記『注文の多くない料理店』
機内食を、健康診断で気になった内臓脂肪を気遣って、ベジタリアンフードにしてみた。この「ベジタリアン」という一つの注文が失敗だ。なにしろ事あるごとに「ベジタリアンの森様」「ベジタリアンの森様」と呼ばれる。この枕言葉が、非常にむず痒い。さりとて、最も気になるのは言ってる乗務員の表情で、顔が常に半笑いだ。むしろ、言いながら完全に笑っちゃっている。「あいつ肉食そうに見えて、ベジタリアンかよ、ギャグだろw」的な井戸端会議を間違いなくカーテンの向こう側でもしている。

 

アメニモマケズ、カゼニモマケズ、、、負けないっ!!w

好調な新宿エリア(新宿、原宿、下北沢)の店舗スタッフと会食しました。販売員と食事する機会はとても少ないので、現場の意見を聞けるとても良い機会です。それにしても、知った顔が多いこのエリアは、よくよく聞いてみると、なんと10名のスタッフ中なんと4人が出戻り組でした。

 

黎明期を共に頑張ってくれて、何らかの理由で卒業して行った仲間が舞い戻ってきてくれて、また中心となって活躍してくれるのは、それはそれは、正直経営者冥利に尽きます。しかし、最も嬉しいのは、自分についてくれるのではなく、専務で店舗統括の最上に敬意を表してくれて、またその部下であるスーパーバイザーのA木のことを大層慕ってくれている事でした。

 

僕の祖父さんは死ぬときに、「公子(僕の母です)を良くしてくれてありがとう。」と言ってました。当時は、「いや、自分の母ちゃんを孝行するのが当たり前だろ、じいちゃん何言ってんだよっ」と思っていました。だけど、今はその言葉の意味が多少理解できた気がします。

 

まじ、みんな、さんきゅ。

古い記事へ