どこぞのおっさん経営者「夢は寝てから見ろよ」
俺「ヤダ」

「夢は目標に置き換えるべきで、それを達成させることに意義がある」こんなこと、例えば目を輝かして夢を語る子供達の前で言うことできるのかなー??
「いや、お前はもう子供じゃなくて立派な大人なんだから、、、」夢を忘れた大人がそんなに立派なのかね〜??
「だいたいお前勘違いしてるんだよ。そんなの無理に決まってるだろ。」うるせー、勘違いは俺の真骨頂、余計なお世話だっ!!
長期ビジョンから落とし込まれた現実の延長線上の中期経営計画。これはこれで、大事に決まってる。経営者の端くれとしては当然やってやるよっ。俺が立てた目標なんだから必達に決まってるだろっ!!
でも、やっぱり夢は夢だね。
俺は夢をみるよ。
そして、昼間は遠慮気味に、夜は酒飲んでるから無邪気にそれを語るよ。
決めてることは1つ。
できるだけ俺の言葉で語るんだ!!
俺の夢は、借りてきた言葉じゃとても表現できないから。
忘年会シーズン。今年は勘違いガキんちょ経営者大いに夢を語ります!!
お誘いお待ちしておりますっ!!