成田からホーチミンへ向かう機内、日経新聞の岩手の偉人2人を紹介する夕刊コラムを読んで筆をとることにした。ー宮沢賢治は37歳で生涯を閉じた。また新渡戸稲造は37歳で『Bushido』を英語で発売。(『明日への話題』より抜粋)そして、森智宏は現在37歳で何もしてない。。。

 

ここのところ、歳下で優れた結果を出している経営者や経営幹部の人たちと話す機会が多い。「年長者というつまらないプライドを捨てて、彼らから学ぼう」とか、もはや思わない。「単純にカッコイイから、真似したい。」

 

彼らの経営スタイルを分析してみると、概括的には以下である。
ひょうひょうとして、
効率重視で、
ITに強く、
洒落てて、
グローバル。
力みがなく、
熱い思いは心に留め、
調子の良いことを言わず、
本質をズバッと捉える。
イデオロギーがなく、
極めて論理的。

 

文字にして改めて思ったが、「そりゃあ儲かるな」と。経営の肝要がとても多く備わっている。もちろん彼らとは素養も違うし、日本の文化を標榜する我々とはどうしても相容れないモノもある。経営スタイルには様々な形があってしかるべきである。しかしながら、己の経営スタイルを因数分解して棚卸ししてみると、「多くの無駄やムラ」があるのは否めない。それを起因として、「最近の若者とシンクロできないという結果」も起こってしまう。さらに言うと「革命的な経営を起こすのに必要な要素」も足りてないのではないか??このままでは仲間や応援していただいている皆様に申し訳が立たない。

 

最近の若者を徹底的に真似してみる。もちろん、東北の農民に寄り添って生きる賢治の優しさや謙虚さ、そして何より「武士道」があってこそだ!!

 

追記『注文の多くない料理店』
機内食を、健康診断で気になった内臓脂肪を気遣って、ベジタリアンフードにしてみた。この「ベジタリアン」という一つの注文が失敗だ。なにしろ事あるごとに「ベジタリアンの森様」「ベジタリアンの森様」と呼ばれる。この枕言葉が、非常にむず痒い。さりとて、最も気になるのは言ってる乗務員の表情で、顔が常に半笑いだ。むしろ、言いながら完全に笑っちゃっている。「あいつ肉食そうに見えて、ベジタリアンかよ、ギャグだろw」的な井戸端会議を間違いなくカーテンの向こう側でもしている。

 

アメニモマケズ、カゼニモマケズ、、、負けないっ!!w