代官山のTSUTAYAさんから出展依頼が来た。日本で最も洒落てる本屋さんからの依頼は正直嬉しいが、何より驚き喜んだのは、そのご希望業態。なんと、『帯留め屋wargo』だ。『かんざし屋』でさえ、かなりマイナーなのにそれをはるかに凌ぐ!?『帯留め屋』。「頑張ってれば、いいことある」とは思わないけど、少なくとも「誰もやらないことをやれば、どこかで誰かには注目される。」のは間違いないと思った瞬間だ。

 

そもそも、他の誰かがやるなら、俺たちの存在意義なんて無いんじゃないか?だって、俺たちがいなくてもその人たちがやってくれるんでしょ?誰もやらないことをやるのは、怖い。時には、バカにもされる。俺も、今でさえビジネス交流会でいろんな人に嘲笑られる。

「かんざしなんて周りでしてる人がいないんだけど。」
「今から、着物のビジネスするの??着物なんて着る人いないでしょ??」

 

昔は、「テメー失礼だろ、このやろう!!」くらい思ったけど、まあ、余りに多くの人に言われ続けたから最近は特に頭にもこないけど、「センスねーな、こいつっ」とは思う。だって、経営資源を多く持た無い俺たちのような中小ベンチャー企業は、ニッチを攻めるのが定石だ。マーケットポジションでいうところのフォロワー(トップリーダーを追いかける)は、スタートアップ時には向かない。

 

その前に、本気で勝負してる奴は、同じく本気で勝負してる人を笑わない。そりゃー、そーでしょ。どうして笑うことができるの??そういう人はわかってるんだよね。『何人たりとも、他人の一生懸命を笑う権利はない。』ことを。だから、適当な奴に笑われても相手にする必要は無い。しかし、自分が一目置くような人、何かを成し遂げた尊敬できる人、何より一生懸命生きる人に嘲笑されたなら、それは一生懸命さが足りないのだろう。

 

『誰もやらないから、俺逹がやる。』

その前提条件は、『一生懸命』だ。
みんな、頼むね。辛くてしんどい時は言ってくれ。
俺は、世界中どこにいたって本気のエールを送るからっ♪

 

※写真は、昨晩訪れた長崎ランタン祭り。世界遺産にも指定された長崎は複合文化で非常に面白い。