本日先ほど、待望の金沢兼六園に出店いたしました!!業態は、1Fに和傘屋『北斎グラフィック』2F3Fでは観光着物レンタルの『着物レンタルwargo』です。兼六園下交差点から金沢城石川門に上る途中の紺谷坂沿いの超一等地にありますので、是非金沢に観光で訪れた際はご利用ください。

こんな商況なので、当然売上を大変心配をしていましたが、朝一番から大学生を中心とした多くの若者で30名の予約が入り(もちろん当初予算よりは少ないけれども)、本当に感謝しかございません。傘も売れるといいなw。出店準備にあたり、毎朝3日間香林坊のホテルから城下町公園内を通って勤務していましたが、なんと通勤路の7割は石垣沿いでした。しかし、その歴史ある街並みに思いを馳せるとコロナ対策も見えてきました。

・城主前田利家は、鳥羽伏見の戦いで柴田勝家に従っていたため秀吉には反目。
・秀吉政権下でも、五大老の中でも家康にとって最も邪魔な存在。
・それにも関わらず、文化に優れ豪華絢爛な美術に知られる百万石の300年も続く加賀藩を確立。
→こんなことを考えて石垣だらけの城下町公園を歩いていると、「無駄に高い石垣が多い。」ってことに気づきます。

そもそも石垣だらけっていうこと自体がビビりの象徴なのに、その石垣をも高く作るって、これは「相当なチキン野郎」だと思います。また、彼ら前田家は、徳川に嫉妬させないように、絢爛な文化は築き上げるのに、天守閣は作らないっていうのも本当にチキンですが流石ですよね。(作ったけど大したものではない説、が濃厚らしいです。ちなみに確固たる設計図ないから復元もできず。)

【前田家に学ぶコロナ対策?】
・守りを重視する。
・キャッシュポジション高くする。
・参入障壁を高くする。
・嫌いな敵とも仲良くする。うまく付き合う。
・妬まれないように、地味本社、地味車、地味時計を心がける。
・でも、文化には力をいれる。←これ本当にカッコいい。
以上

悠久な歴史に学ぶと不思議とコロナショックが小さく思えてくるのが不思議ですw金沢は食事も文化もいけてますし、何しろたくさん歴史に学ぶ機会もあるので、皆様是非遊びに来てください。(例年よりかなり空いてます)そして、その際は少しばかりご足労おかけしますが、うちのお店にもきてください。(例年よりかなり空いてますtoo)着物レンタルは、金沢では、兼六園の他、香林坊の東急スクエアの1Fに観光着物レンタル、5Fには冠婚葬祭着物レンタルもありますので、心より宣伝申し上げます!!

弊社の着物レンタル事業(https://kyotokimono-rental.com/)は、大きく2つあって観光地での着物レンタルと、冠婚葬祭の着物レンタル(https://kyotokimono-rental.com/formal)です。ご利用比率は85:15くらいです。前者では、キャンセル料は無料にしてます。また、後者では、日付変更を無料で可能として、そうでない場合にはキャンセルポリシーによって一部いただいております。

しかし、昨今の情勢を鑑みて、ポリシーを緩めるように決定、後者でも日付のずらすことのできない卒業式の袴は全て無料。訪問着等の日付変更可能なものは最大で30%(イベント当日の1週間以内でそれより前は無料です)のキャンセル料はいただいております。しかも、その30%のキャンセル料で頂いた分は、ポイントで同価値分を付与しているので、事実上は取っていないに等しい認識です。それにも関わらず、当社のコールセンターや現場のスタッフはお客さんの一言で大変心を痛めております。

今月は、観光地では桜のシーズンや春休みで活況で、冠婚葬祭においても、卒業式や春先のイベント増で一年間でも最高の月です。最高の月に最悪の状況です。本当は全員から原価分だけでも取りたいですよ。そう言ったら、「原価かかってないでしょ??」って聞こえてきそうですが、

【ちなみに、着物レンタル一件の予約に対するコストです。】
・予約を取るのに約10,000円(リスティング広告メインです)
・準備に1000円(畳んだり帯や草履ををセッティングして本当に面倒です。シミひとつ許されないのでそのあたりもチェックもします。コロナの影響で消毒も手間が一段と )
また、1億円を超えるシステム投資や、数億円の着物の償却費、シフト調整費用や、送料もかかります。クリーニングだって、業者さんに手洗いで頼んでいます。
単価の安い我々の価格では、一度借りていただいただけでは、正直利益は出ません。二度目以降の御利用率が60%を超えて初めて利益が成り立つビジネスモデルです。

【お客さんへお願いです】
コールセンターや店舗でうちのスタッフに、心無いこと言うのもうやめてください。
全部決めたのは自分で、全く彼女たちは悪くないので。
それと、キャンセル料を取らなかったお客さんにですが、本当に苦渋の決断で取らなかったこと一ミリくらい覚えておいて欲しいです。

うちは商売ですよ。
そして、アコギな商売していません。
今回も無茶なこと何ひとつ言ってないはずです。
うちは皆んな良い人が多いので、お客さんのこと考えてますから。
しかも、自分は偽善者で格好つけなので、余裕あったら、なんだってやりますから。
世の中のために、日本の文化のために、私財だって、投げますよ。
「でも、ごめんなさい、今回全く余裕ないです。」
だから、キャンセルではなくて日付けを変更するか、うちのポイントバックで許してください。そして、うちのスタッフに文句いうのだけは、お願いですからやめてください。
また、キャンセルした方々、余裕できたらでいいので、また利用してください。


株式会社和心
代表取締役 森 智宏