本日から、当社は「しっかりと生きていく」を基本戦略にします。会社の「守りと攻め」を「盾と矛」に例えると、何より左手に持っている盾を強固にして、守りに守り抜いていくというのが基本です。しかしながら、ここは死地では無いので、それだけやってて良いわけではありません。敵が去った際に(アフターコロナで)大きな一撃を加えるため、右手に隠し持っている矛(攻め)を磨きに磨き抜いていきますっ!!

当社は運良く上場しただけで(あ、皆さんご承知でしたねw)、元来は飛び込み営業と露天商みたいなところから始まっているので、役員をはじめ戦後の闇市さながらのサバイバル戦は得意としているのでご期待ください。

「これだから乱世は面白い」

まず、売上は壊滅的です。
全店営業していないので皆さんご存知の通りでしょう。

そんな中でも、
大家さんから家賃下げてもらったり、
取引先さんから減額してもらったり、
スタッフから「頑張ってください」もらったり、
友人からの「利用したよ」もらったり、
先輩から「大丈夫か?」とか「飲み行くぞ」ってもらったり
後輩から「森さんなら大丈夫です」って。
本当にありがたいです。
そんなみなさんの優しさにふれて、しかも大好きな志村けんが死んで、センチメンタルにもなっていました。
「どうにかならないかなー」と、バタバタと奮闘していました。
しかし、そんな中残念ながら一つ確定したことがあります。

それは、今回は「圧倒的な負け戦であること」。この現実をしっかりと、かつ開き直って認めるべきである。

よって目標は「コロナに勝つ」ことから「しっかりと生き残る」ことでに変更する。

我が国は、わずか数十年前に300万人が犠牲になり敵国に占領されました。歴史的に例を見ない非人道的な空襲、また悪魔的ともいえる原子力爆弾の投下まで経験。ズタボロにされ非常に悔しい思いをしたので、そこから学ばなければ先人に申し訳ない。主な敗因としては、

・敵兵力の見積もりの誤り。
・本部とのコミュニケーション不全
・情報戦の敗北
・戦線の拡大
・陸海軍における政治闘争

といったところでしょうか。

よって、「敵に勝利すること」から「生き残ること」にしっかりと目標をシフトして、
『敵兵力を決して侮らず最悪の事態を考慮し、
頻繁に現場と本社とで連携をよくとり、
情報部署を新設して、IT部門を強化、
戦場を絞って、
全社一丸となって事に当たる。』
ことが当社の基本戦略になってきます。
先の大戦の負け戦及び、その手仕舞いと戦後の復興にはしっかり学ぶべきものがあります。正直いうと、周りで死んでる人も全くいないので(亡くなった方には申し訳ないですし、迷惑をおかけした皆様もごめんなさい)、比較にならないくらい状況は良いでしょう。改めてですが、こんな状況でも誰も食べる事に困らない世の中を作ってくれた先人に感謝したいと思います。

必死の覚悟で亡くなっっていった方々に敬意を抱いて、
必生の覚悟で生き残っていこうと思います。